幾つかの動画 令和六年二月

【まさか】住宅街に“野生のヒョウ”…住民を追い回し騒然 捕獲の行方は? インド 【まさか】ガレージで寝ていると 忍び寄る野生動物の姿 インド ヒョウが侵入でパニック インドの学校 【まさか】恐怖…背後に忍び寄るヒョウに住人が反撃! インド 【時効まであ…

令和六年二月14日と18日のつぶやき

NYの地下鉄で銃乱射 少なくとも1人死亡 5人負傷(2024年2月13日) youtu.be/YJQbo-WWE2k?si… @YouTubeより posted at 22:01:56 NYの地下鉄で銃乱射 少なくとも1人死亡 5人負傷(2024年2月13日) blog.goo.ne.jp/durian-nagano/… #gooblog posted at 22:04:22 令…

日本の「焼き芋」タイで大ブーム…甘さ・食感に夢中 驚きの独自進化「無限の可能性」【Jの追跡】【スーパーJチャンネル】(2024年2月18日)

目前で雪崩発生“一部始終” ヒマラヤ山脈の一角 逃げる人々【スーパーJチャンネル】(2024年2月15日)

令和六年二月四日と12日のつぶやき

RT @ChurchinCanada: “Remember, all the people of Moses had to do to be healed was to look at the brass serpent which he had lifted up. But ‘because of the simpleness of the way, or the easiness of it, there were many who perished.’”Elder J…

NYの地下鉄で銃乱射 少なくとも1人死亡 5人負傷(2024年2月13日)

令和六年二月の連絡

連絡します。 先月は本当に尋常ではなかったです。石川県で大地震、飛行機事故と立て続けに悲劇が発生したので投稿回数が激増したのは仕方ないです。 投稿の時期ですけど必ず月の一日と14日に投稿する訳ではなく一日から14日に一度以上の投稿を希望する…

令和六年一月19日、末日と二月一日のつぶやき

令和六年一月14日と17日のつぶやき blog.goo.ne.jp/durian-nagano/… #gooblog posted at 07:55:44 ブロガー版ドリアン長野のランニングな日々: 令和六年一月14日と17日のつぶやき duriannagano.blogspot.com/2024/01/blog-p… posted at 07:56:34 令…

バターチキンカレー「発祥の店」めぐり法廷闘争 インド【ワイド!スクランブル】(2024年1月30日)

令和六年一月の投稿

図書館で日本海新聞のバックナンバーを読んだ。ああ、この記事が掲載されたのか、と思い、末尾の言葉に心臓が止まるほど驚いた。しばし茫然自失…。だから最近投稿を目にすることがなかったのか。服部さんは生涯一万回の投稿を目指したい、と言っておられた。…

「バターチキン」元祖は? インドで法廷闘争(2024年1月29日)

Landing at London City (LCY) UK - RWY27 (Window View)

My Christmas Prayer For You

令和六年一月14日と17日のつぶやき

パスポート申請先都道府県ホームページへのリンク www.mofa.go.jp/mofaj/toko/pas… posted at 11:23:54 RT @ChurchinCanada: “Each night when I pray, I ask the Lord to bless all who are burdened with grief, pain, loneliness, and sadness... Our hea…

阪神淡路大震災から29年 能登地震被災者に思い寄せ(2024年1月17日)

令和六年一月八日の11日のつぶやき

令和五年12月29日と大晦日のつぶやき blog.goo.ne.jp/durian-nagano/… #gooblog posted at 08:54:01 令和六年元旦から一月七日のつぶやき blog.goo.ne.jp/durian-nagano/… #gooblog posted at 08:54:17 ブロガー版ドリアン長野のランニングな日々: 令和…

令和六年一月の連絡

四ツ橋の路地裏に佇む小さな異国で本格スパイスカレーを楽しむ!四ツ橋 らくしゅみ 連絡します。 今月を持ってフェイブック上の投稿の転載は特例的な投稿(産経新聞の投稿等)を除外して控えさせてもらいます。 今年は令和六年です。過去はほぼ毎日投稿して…

The Light of Christmas: A Journey from Darkness to Hope

令和六年元旦から一月七日のつぶやき

RT @the_churchnews: “Come, Follow Me” for Jan. 1-7 kicks off a year-long study of the Book of Mormon. See what Church leaders have said about the book’s introductory pages. www.thechurchnews.com/living-faith/2… posted at 09:26:49 RT @Churc…

令和五年12月29日と大晦日のつぶやき

令和五年12月17日と19日のつぶやき blog.goo.ne.jp/durian-nagano/… @duriannaganoより posted at 23:21:00 令和五年12月17日と19日のつぶやき - ドリアン長野のカレー三昧 duriannaganokarate.hatenablog.com/entry/2023/12/… posted at 23:21:…

令和六年からの方針

令和六年(2024年)からの方針 一日から14日迄に一回は動画を投稿する予定です。 14日から月末迄に一度は連絡する予定です。 毎日の投稿は不可能です。平成29年の夏に「ちょっと難しい。」とドリアン長野に伝えたら「無理しなくて良いから。」との…

【夏が来れば思い出す】 令和六年

【夏が来れば思い出す】その1 「タイは若いときに行け」という、いしだ壱成出演のタイ航空のCMが流れたのは90年代だった。あれを観てタイに行った人も多いらしい。今やタイは若いときに行け、中高年になっても行け、定年したら住め、である。今までタイには…

令和五年12月の投稿

私の娘も今年の三月から中学受験のために塾通いをしているが(自分から中高一貫校に行きたいと言ってきた)、あんなに苦手だった算数も学校では習わない公式を教えてもらい、 学校の算数授業や宿題は簡単だと言う。先日、塾で出された論述問題の答案用紙を読ん…

カレーライス 令和六年

テンパリングの話油にホールスパイスの香りを移すのがカレー作りにとっては非常に大事な工程だ。焦がしてしまったら失敗。焦がす直前のギリギリまで加熱する。これをテンパリングというが、このために油を思いきって多めに使うこと。少ないと香りが移らない…

JAL機と海保機が滑走路で衝突 海保の5人死亡(2024年1月3日)

【速報】海保6人のうち5人死亡 日航機と海保機体が羽田空港で衝突(2024年1月2日)

【ノーカット】気象庁会見 大津波警報から津波警報に切り替えも引き続き警戒(2024年1月1日)

トンネル冠水「ユーロスター」運休で大混乱 ロンドン(2023年12月31日)

令和五年12月17日と19日のつぶやき

RT @the_churchnews: The Las Vegas Nevada Temple was dedicated 34 years ago. Read more about the temple here: bit.ly/4acXBKw pic.twitter.com/gLkvb88Hnw posted at 06:19:14 RT @ChurchinCanada: To see more messages about Christmas and the birt…

令和五年12月14日のつぶやき

RT @Ch_JesusChrist: The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints welcomed the leader of the world’s largest Islamic organization to Utah on December 10 and 11, 2023. newsroom.churchofjesuschrist.org/article/muslim… pic.twitter.com/jV2Pv…

 

 回顧を兼ねた書評
 僕の初海外旅行は26歳の時のインドだった。
 当時往復チケットは年末料金だったので30万した(泣)。
 行く前は椎名誠の「わしもインドで考えた」を熟読。
 インドでは尻の毛まで抜かれるほどぼったくられ、下痢と発熱で散々だったけど、
 それからはリーマンパッカーとして主にアジアをふらふら。
 アフリカは遠すぎて行けなかった。新婚旅行もバックパックでバンコクと香港へ。
 香港では雑居房のチョンキンマンションで二泊し、妻はぐったりしていた。
 バンコクでは安宿と高級ホテルと泊まり歩き、マリオットのプールで
 溺死しそうになったのは今ではいい思い出だ(嘘)。
 旅も好きだが、旅行記も好きだ。
 この本は主にアフリカ旅行のエッセイだが、面白い。
 何よりも文章がうまい。
 奥さんとのなりそめを綴った「追いかけてバルセロナ」なんか疾走感があり、
 一気に読め、感動的でさえある。
 朝の通勤の地下鉄で読んでたけど、日本にいながら気持ちはバックパッカー。
 旅の本もいいけど、また出かけたいなあ。