ランニング 平成28年五月

イメージ 1


皆生までランニング。
女優の安田美沙子はフルマラソンを今までに8回完成しているそうだが、走っていることで自分の中に柱ができたと言っている。
走ることで何か自信がついたそうだ。その気持ちがわかる気がする。
壮大な日本海、朝の空は刻々とその色を変えていく。人も変わりたいという意識が強ければ変われるのだろう。今日も精一杯生きよう。 明日の昼には(
米子から大阪に)帰ります。 ありがとうございます!

管理人マーキュリーマークから皆様への伝達事項

鳥取県の皆生(かいけ)温泉は有名です。今となってはドリアン長野の地元が大阪府鳥取県が生まれ故郷であっても別の町のように思えるようです。
 

 回顧を兼ねた書評
 僕の初海外旅行は26歳の時のインドだった。
 当時往復チケットは年末料金だったので30万した(泣)。
 行く前は椎名誠の「わしもインドで考えた」を熟読。
 インドでは尻の毛まで抜かれるほどぼったくられ、下痢と発熱で散々だったけど、
 それからはリーマンパッカーとして主にアジアをふらふら。
 アフリカは遠すぎて行けなかった。新婚旅行もバックパックでバンコクと香港へ。
 香港では雑居房のチョンキンマンションで二泊し、妻はぐったりしていた。
 バンコクでは安宿と高級ホテルと泊まり歩き、マリオットのプールで
 溺死しそうになったのは今ではいい思い出だ(嘘)。
 旅も好きだが、旅行記も好きだ。
 この本は主にアフリカ旅行のエッセイだが、面白い。
 何よりも文章がうまい。
 奥さんとのなりそめを綴った「追いかけてバルセロナ」なんか疾走感があり、
 一気に読め、感動的でさえある。
 朝の通勤の地下鉄で読んでたけど、日本にいながら気持ちはバックパッカー。
 旅の本もいいけど、また出かけたいなあ。